人生のなかでかならずやってくる「死」というできごと。
故人を偲び、別れを惜しみ、故人が培ってきた人生の中での絆を今一度再確認し送り出すお葬式は、悲しいけれどこの世に生を 受けた以上かならず訪れるできごとです。故人のためにも真心込めたお葬式を営んでさし上げるのは大切なことです。
そのために家族としてできることは何なのか、通夜や葬儀、そして法事に際してどのような準備や対応をしなければならないのか 、ぜひ考えておきましょう。

準備

葬儀に際して必要となる情報を集めておきましょう。
そして準備できることはないか考えましょう。

ご相談
  • どのようなスタイルの葬儀にするか?(家族葬、社葬など)
  • 葬儀場をどこにするか?(どのくらいの規模の会場か?)
  • 葬儀のプランはどのようなものがあるか?(主に費用について)
  • お寺はどうするのか?(宗教のこと)
  • 遺影に適した写真があるか?
  • ご本人の希望は?(生前予約)
  • 親族など親しい人への連絡は?

通夜・葬儀

いよいよ「死」に直面し、悲しみに包まれた中でも、家族(親族)として行わなければならないのが故人を送り出すことです。
ご自宅で行うのか、葬儀場や公営施設で行うのか、そして具体的にどのようなことを行うのか、
限られた時間の中で様々な決断と対応を迫られます。

葬儀
  • 多くの会葬者が考えられるので、葬儀の会場はどうしたらいい?
  • 親族や関係者への危篤・訃報の通知
  • 弔問客の対応
  • 葬儀場・葬儀社との打合せ(プラン、費用、会葬品など)
  • お寺への連絡、お布施の準備
  • 火葬について
  • 初七日法要
  • 精進落とし
  • 形見分け

葬儀については分からないことが多いもの。また地域や風習によって異なることもあり、また宗教によっても対応は異なります。こうした葬儀に関わるすべてのご相談をまとめてお受けしているのが、私たち美紀屋です。美紀屋は、九州圏内の信頼のおける葬儀社各社と業務提携し、様々な葬儀のご相談にお応えしております。故人を偲び、送り出すご家族の、葬儀に関する不安や心配を取りのぞき、しっかりとサポートいたします。

お気軽にお問い合わせください
092-623-6777
お問い合わせ